ガジェット

【2022年最新】自分にあったiPadの選び方|モデル別比較した結果おすすめはコレ

こんにちは。高校生なのに秋に発表される新型iPhoneを毎年買い替えていた現役看護師兼こんなもんがあるんだよjp運営の「もんが」@psyco3200です。

さて、日本時間3月9日午前3時、全Apple信者が待ち侘びていたであろう「AppleEvent」「アップル発表会」にて、今回もたくさんの商品が発表されましたね。

前回は夜勤中だったので余裕のあるタイミングでこっそり見ていましたが、今回は奇跡的に休みなので堂々と見ることができました。

その中でも特に注目なのがApple製品の中でも大人気株の「iPad Airシリーズ」から「iPad Air5」ですね。

流石にiPadも種類が多くなってきたのでどのモデルを買えばいいか分からない!」「自分の思い描く用途に適したiPadはどれ?」「予算内にiPadを購入したい!という方も増えてきたと思います。

そこで今回はそんな悩みや学生が授業や自宅学習にも使えたり、副業にオススメのiPadを紹介します。

この記事を読むと

☑︎自分の用途に合ったiPadを見つけることができる

☑︎予算に合ったiPadを見つけることができる

☑︎副業や自宅学習にも使えるオススメなiPadがわかる

予算で決定する場合

正直な話Apple製品は本当に高いです。

2010年に発売された初代iPadでさえ、当時の価格で48,800円でした。

今発売されているシリーズですと、iPad Pro 12.9インチ(第5世代)が「129,000円」と最高値です。

ブランドバリューにしても高すぎるんだよ!!!

筆者もそう思ういますよ!!!

ということで「自分が用意できる予算で購入できるiPad」をご紹介します。

予算で決定する場合は、ある程度用途は決まっている方にオススメです。

用途が決まっていないのにとりあえず安いiPadを購入して、実際に使ってみたら自分に合わなかった!なんてこともありますからね。

なお紹介する料金は「1番低いスペックでの料金」となっていますので、例えばストレージ64GBで掲載されている物を258GBで欲しいという場合はおおよそ20,000円前後高くなるのでご注意ください。

また「初代iPadがオススメです!」と紹介すると「そんなこと言ったらキリがないだろ!」と突っ込まれること間違いなしなので、「現実的に公式サイトやネットショップ等で新品として買えるであろうiPad」を対象としています。

〜3万円

結論から言うと正直厳しいです。まず、新品は購入できません。辛い現実すぎる。

メルカリやラクマといったフリマアプリなら3万円以内のiPad製品が揃っています。ただ基本的に中古品ばかりですので「出品者とのトラブル」や「説明欄には記載がなかったのに傷がついている!」なんてこともあります。

もっと言えば2022年の時代に3万円以下で購入できるiPadは基本的に「動作のモサモサ感」「指の追従が遅い」など、ストレス満載のものばかりかと思います。

〜5万円

予算が5万円以内であれば購入できるiPadの幅はぐーんと広がります。

まず1番安価なものが「iPad(第9世代)」¥39,800です。

iPad(第9世代)は通称「無印iPadシリーズ」の最新シリーズであり、コスパは最強です。

というのも、10.2インチの画面サイズ、A 13Bionicチップ搭載、バッテリー稼働時間最大10時間、ストレージは64GBか258GBから選べる・Smart Keyboardにも対応しているのに、この低価格!ですからね。

ちなみにA 13bionicチップとはいわゆる「iPadの脳」ともいえる部分であり、これが優秀であると処理速度が速くなります。

シリーズの前作である「iPad(第8世代)」¥34,800ではA 12bionicチップでしたので、性能はアップしているといえます。

次に安価なものが「iPad miniシリーズ」から「iPad mini 第5世代」¥45,800です。画面サイズ7.9インチというサイズ感。

加えて308.2gという持ち運びしやすい軽量感ですので、外出時や読書をする時などにオススメです。

〜7万円

予算が7万円以内であれば購入できるiPadも格段と増え、選択肢がかなり増えます。

オススメなのが「iPad Air 第4世代」¥62,800です。

iPad Air4と称されていますが、iPad Air4は見た目に特徴があります。ベゼルレスでありホームボタンがない分タブレットの大きさ=画面の大きさ、となっています。

ベゼルレスとは液晶ディスプレイを取り囲む額縁の部分がほとんどない状態のものをいいます。

見た目もかっこいいし、iPad Air4でできることってすごく多いのでオススメです。

一般の方が普段使いや高度なプログラミングや動画編集をしないのであればiPad Air4で十分です。

〜10万円

予算が10万円以内であれば寧ろ買えない製品の方が少なくなってきますが、まだ買えないものはあるレベルです。

予算10万円でオススメなのは「iPad Pro 11インチ第2世代」¥93,280、もしくは「iPad Pro 11インチ第3世代」¥94,800です。

【第2世代】iPad Pro 11インチ Wi-Fi Cellular 256GB スペースグレイ MXE42J/A A2230【国内版SIMフリー】 Apple 当社3ヶ月間保証 中古 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:92,800円
(2022/3/9 14:28時点)
感想(0件)

「iPad Proシリーズ」は現在(2022/3/9時点)第3世代まで発売がされていますが、一般の方なら正直なところ世代に拘らずどちらでもいいと思います。

2,000円弱の差ではあるのでその差をどう思うのかは人それぞれです。

スペックも第3世代であればM1チップを搭載・2TBまで用意されている・5G対応といった感じに優れてはいます。

ただ、M1チップは一般の方だと体感では分からないと思いますし、2TBも使わないだろうし、5G対応エリアは少ないです。

iPadはどのシリーズもiPadそのものだけで使うと質が下がるもので、Apple PencilやMagic Keyboardなどを併用することでその力は大いに向上するのです。

ですので、できるだけiPadそのものだけにお金はかけずに付属品の予算に回すことも大切だと思います。

〜15万円

予算15万円以内であれば、各シリーズの各世代の1番低いスペックであれば全て購入することが可能です。

フルカスタムであっても購入できないのは「iPad Pro 12.9インチ(第5世代)」のフルカスタムくらいです。

ただ何度も言いますが、15万円を用意できるのであれば、ある程度のスペックを持ったiPad+Apple PencilやMagic Keyboardの購入をオススメします。

予算まとめ

各項目でも記載しましたが、iPadは付属品があってこそ本領を発揮しますのでそちらに予算を回すことも前提に予算を組み立てることをオススメします。

オーバースペックには注意しましょう。

私は「iPad Air4」+「Magic Keyboard」+「Apple Pencil第2世代」でiPadを運用しています。

総額¥111,530と高額ですが購入1年半で金額以上の働きをしてくれています。

【中古】Apple(アップル) 12.9インチiPad Pro 第4世代 用 Magic Keyboard 日本語 JIS MXQU2J/A 【262-ud】

価格:32,978円
(2022/3/9 14:32時点)
感想(0件)

【未使用】Apple Apple Pencil(第2世代) MU8F2J/A【ECセンター】保証期間1週間

価格:15,980円
(2022/3/9 14:34時点)
感想(0件)

用途で決定する場合

用途で決定する場合はきちんとスペックを確認しましょう。

また、予算は出し惜しみをしないていで紹介していきます。

Webライティング・ブログ運営

執筆系の用途であれば無印iPadシリーズの「iPad 第9世代」がオススメです。

書く・文字を打つという作業は動作の緩慢や遅延などがストレスの原因になりますが、最新モデル兼A13bionicを搭載している「iPad 第9世代」であればその心配も少ないです。

また、文字を打つ仕事なのでキーボードが必需品となってきます。タブレットスタンドがあればMagic Keyboardである必要はなく、Bluetoothで繋ぐことのできるキーボードで十分だと思います。

安価なキーボードであれば2,000円代〜購入が可能です。

ちなみに私が使っているキーボードは「「Logicool ワイヤレスキーボード K375」です。しっかりとした打鍵間とテンキーまでついているのにこの値段。コスパ最強のキーボードです。

また、マウスがあればより効率の良い作業が行えます。Amazonで1980円〜購入できます。

私が使っているマウスは「Logicool PEBBLE M350GR」です。静音+超軽量でスリムなデザインなので場所を取らないですし段違いに使いやすいです。

データ入力

データ入力であればWebライティング・ブログ運営と同じく「iPad 第9世代」がオススメです。

データ入力はWordなどの文章ソフトやエクセルなどの表計算ソフトを用いて、指示された内容のデータを入力することです。

iPadはどの種類でもWordやExcelを購入することができますし、場所を選ばずに作業に取り組むことができます。

何故「iPad 第9世代」という1番スペックで良いのか。

それは「データ入力の案件は基本的に単価が低いためできる限り初期費用を抑えて始める必要がある」からです。

動画編集

動画編集であれば「iPad Proシリーズ」から選ぶといいでしょう。

YouTubeにアップロードをするなど収益目的のある動画編集であれば、プロセッサの性能がよいものがいいです。

ただ「iPad Proシリーズ」などの上位のiPadに比較すると性能が低いと言われる「無印iPadシリーズ」など下位のiPadでも、タブレットに搭載されるプロセッサとしては十分すぎる高い性能を持っています。

そのため「効率良く動画編集をしたい!」「ストレスがない環境で動画編集をしたい!」という目的で「iPad Proシリーズ」を使いましょう。

もちろんMacBookやiMacと比較すれば性能は落ちますが、これらは料金が倍近くにもなるので持ち運びのしやすさや「タブレット要素も使いたい」と言う方にはオススメのiPadとなっています。

お絵描き・作画

お絵描きや漫画を描こうと思っている方は「Apple Pencil第2世代が使えるiPad」がオススメです。

Apple Pencil第2世代は第1世代と比較すると「書き味」「追従性の向上」「ペアリングが端末の側面にカチッとするだけで可能」などの特徴があります。

Apple Pencil第1世代は正直Apple製品の試作品的な立ち位置なので、これから新規で購入する方は第2世代を選びましょう。

Apple Pencil第2世代を使うことのできるiPadは以下のものです。

  • iPad mini(第6世代)
  • iPad Air(第4世代以降)
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)
  • iPad Pro 11インチ(第1世代以降)

以上の4種類になります。

2022年3月9日に発表された「iPad Air 第5世代」にも対応しています。

勉強

学生や私たち看護師が勉強をするのであればお絵描き・作画と同じく「Apple Pencil第2世代が使えるiPad」がオススメです。

文字を書くときの追従性の悪さや遅延はストレスに直結するので、そこは出し惜しみせず高性能の方を選ぶべきです。

勉強で使用する際はノートアプリが必須となります。僕はブログのネタを考える際や看護学生さんのお手伝いする際には「GoodNotes5」というアプリを使っています。

GoodNotes5について詳しくは「」をご確認ください。

用途まとめ

基本的に高スペックである「iPad Proシリーズ」であればこれらの用途を全て賄えますが、限定的な用途であればそこまで高スペックのiPadを用意しなくても良いと思います。

用途別に「最低限このiPadをオススメします」というように紹介しましたので、もうワンランク上のiPadが欲しいなどであれば「iPad Air第4世代」や「iPad Air第5世代」をオススメします。

特に今回発表された「iPad Air第5世代」であれば高性能チップである「M1チップ」が搭載されているので、用途別に考えても間違いないものになるでしょう。

総合的に考えて最もコスパの良いiPadとは

1つ目の見出しにも書きましたがApple製品は本当に高いです。

ただ公式サイトでは「驚くほど万能なiPadはあらゆるタスクが得意です。仕事をする。創造力を発揮する。迫力満点のゲームプレイをする。どんなことでも楽しくパワフルな方法でどうぞ。」

と紹介されています。

私は「iPadがなくて生活は送れるけど、iPadがなければ今の豊かな生活は送れていなかった。」と思っています。

そんな私が使っているiPadは「iPad Air第4世代」です。

【第4世代】iPad Air4 Wi-Fi 64GB スペースグレイ MYFM2J/A A2316 Apple 当社3ヶ月間保証 中古 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:61,800円
(2022/3/9 14:23時点)
感想(0件)

私はiPad Air第4世代を使って、看護学生さんのお手伝いやブログ執筆、ゲーム、動画閲覧、ネットサーフィンをしています。

ただ今回「iPad Air第5世代」が発表されました。値段は74,800円〜ですので、現行のiPad Air第4世代よりも12,000円ほど高くなったのがデメリット。(アップル公式サイト:iPad Air 第5世代を見る

ただ、M1チップ搭載など性能が大幅に向上しているので「これからiPadが欲しい!」のであれば「iPad Air第5世代」一択です。

  • 予約開始日:2022年3月11日
  • 発売開始日:2022年3月18日

iPadを買うならどこで買う?

iPadを購入する際はwi-fiモデルかセルラーモデルかで購入先が変わってきます。

セルラーモデルを買うのであれば各キャリアのau、docomo、SoftBankなどでの購入をオススメします。

ただ、最近はデザリング機能(インターネット共有機能)が搭載されているスマートフォンが増えてきたので無理にセルラーモデルは買わなくても使いやすさに変わりはありません。

Wi-Fiモデルとセルラーモデルとの金額差はおおよそ「20,000円前後」となってきます。

Wi-Fiモデルであれば公式サイト・Amazon・楽天での購入をオススメしますが、その中でもポイントがつくAmazonや楽天での購入がよいでしょう。

まとめ

以下にオススメのiPadを簡単に知ることのできるマップを作成しました。

ちなみにこのマップもiPadAi第4世代でGoodNotes5を使用して作成しました。

単にiPadが欲しいだけだと値段以上に使いこなせなくなるので、予算と用途にあったiPadを選びましょう。

私が作成した「【暇な時は何をする?】休日やコロナ禍でも家でできる有意義な時間の使い方5選」にも少しiPadに触れているので是非見てみてください。

広告

  • この記事を書いた人

もんが

看護師×看護学生×副業×ガジェット×生活に関する情報を発信|看護学生の実習を助ける「公式LINE」と「公式ココナラ」あります|全くバズらないツイートも面白いので是非確認してください

-ガジェット