副業

【副業初心者必見】開始9ヶ月で月10万円を目指せるコンテンツ「ココナラ」を紹介する

ココナラを開始して初月から収益化、現在は売上金額10万円を達成することができた。ココナラは副業の入口ともいえるコンテンツと呼べる存在になっている。

今回は副業に一切手を出したことのない副業初心者だった私が月10万円を得られるようになったので「なぜココナラが勧められているのか」について力説していく。

結論から先に言えば、老若男女、スキルや経験が全くなくても無難に収入を得ることのできるコンテンツである。

こんにちは、もんがです。
Twitter:@psyco3200、全くバズらない無駄を呟いています。

ココナラを簡単に説明

ココナラとは「知識・スキル・経験」といった得意を売り買いできるスキルマーケットの名称である。

「物」を売るマーケットは楽天、Amazonの他に個人でも簡単にできるメルカリやラクマ、ヤフオクなどがある。需要と供給が「物」であるマーケットである。

ココナラはこの「物」が「知識・スキル・経験」に変わっただけである。

ココナラにスキルや経験は一切不要で自分の体験がサービスとなる

説明で「知識・スキル・経験」と話をした手前、このように表記するのを疑問に思う方もいると思う。

ココナラのサイトには「自分のスキル・経験を活かしながら、希望の金額で簡単にサービスを出品することができます。」と書かれているが、これは自社のサービスを把握できていないと言える。

ココナラは経験・スキル以外にも「体験」がサービスとなる。経験と体験は絶妙に異なり、経験は行動をしたうえで知識や技能を身につけることを指す。一方、体験は行動すること(したこと)自体を指す。

経験はスキルに繋がるが、体験はスキルに繋がらず、寧ろスキルは不要なのがココナラだ。もちろんスキルがあれば範囲が広がり、視野も広がる。ただ、スキルや経験は不要なのである。

経験やスキルが不要な例

例えば「失恋したこと」は経験ではなく体験である。ココナラでは「失恋体験のある」出品者が失恋中で悩んでいる人の電話相談(100円/分)に乗るなんていうサービスがある。

このように自分のスキルや経験ではなく、自分自身の体験談が1つのサービスとなる。

電話相談だけで月収80万円を超す出品者もいる

これは実際に見たわけではないから真偽はわからない。

電話相談(アプリ内での電話なので双方のキャリア電話を通してるわけではない)の場合、100円/分が最低価格なのだが、手数料が59円取られる。分給で41円だ。

ただ、時給換算に直すと2460円のため、そこらの副業バイトよりも多くのお金がもらえる。

「1時間も電話する人なんているの?」という疑問に関して。本当に悩んでいて、知人には言えないような内容というのは匿名の人に相談した方が話しやすいのかもしれない。

1分はすごく短いもので、まず相談内容を話すだけで1分はかかる。的確なアドバイスをする出品者、多くの悩みを持つ購入者の両者を見れば、1時間はあっという間に過ぎるものである。

ちなみに見出しにある月収80万円を41円/分(100円/分)でやるとなると、325時間必要である。1ヶ月間、1日10時間も電話しなければならない。

電話相談は最高165円/分(販売額400円)まで金額を設定できる。これであれば81時間(時給9900円)で80万円を達成できる。ただ、少し厳しい話であるのが正直な話。

ココナラ開始11ヶ月で販売額122,919円

現実的な線で見ていくと、この金額が個人で稼ぐことのできる限界値でありそうである。

もっとも、プログラミングなどの高単価案件であれば月収50万越えも現実的である。

以下が、私の直近のココナラ月収である。

ココナラの機能の都合上、期間を指定して売上金を確認することができない。また、ココナラでは毎月15日申請の20日振り込み、月末申請の翌月5日申請の2パターンがあり、給料日が月に2回あるため画像を2枚用意している。

2022/4/20に振り込まれた金額(paypay銀行)

上記が2022年4月20日に振り込まれたものである。

2022/5/6に入金される予定の金額

これが4月の下半期分が翌月5日に振り込まれるものである。この2つを足すと95,877円となる。ココナラは運営に22%の手数料がとられるため、実際に売り上げた金額は122,919円となる。

122,919円を売り上げたサービス内容

ちなみに私が売っているサービスは、看護学生を対象とした「実習のお手伝い」である。

看護師免許を活かしたサービスなのでそこそこ単価が高くても売れている。本業が専門職である場合、ココナラでもその専門的な知識を売れば、5桁以上も現実的である。

ここで読者が疑問に思ったことは「あれ?経験やスキルは不要なのでは?」であろう。

スキルや経験は持っているに越したことはない

ココナラはスキルや経験は基本的に不要である。だから副業初心者でも始めやすいコンテンツとしてオススメすることができる。

ただ、スキルや経験があれば「より簡単に」「より多くの」お金を稼ぐことができる。

厳しい話であるがスキルや経験、専門的知識がビジネス的に強いのはどの時代でも、どの場所でも同じある。

「失恋体験のある人」を例として経験やスキルは不要と話したが、これが「失恋体験のあるAさん」と「失恋体験のある臨床カウンセラーBさん」であれば、どちらに相談したいと思うか。

これが答えである。

招待コードを受け取るには「こちら」をクリック。

ココナラはスキルや経験は不要である

何回も言うが、ココナラはスキルや経験が不要である。自分が体験したことを文字や電話で相手に伝えるだけのビジネスである。

再度、失恋体験のある人が出品者と仮定して説明すると、「失恋体験のあるAさんが100円/分で話を聞きます。」と、「失恋体験のある臨床カウンセラーBさんが300円/分で話を聞きます。」の2種類あるとする。

この2種類だとどちらにしようか迷う人もいると思う。本気で悩みの答えを知りたい人はおそらくBさんに頼むが、話を聞いてほしいだけのタイプの人であればAさんでもいいのかもしれない。

基本的にスキルや経験がない人は、価格帯で他サービスと競争して、評価をスキルや経験に変えて単価を上げていくことをオススメする。

手数料を考えてサービスを売買する必要がある

「ココナラ11ヶ月で販売額122,919円」の見出しでも少し話に出したが、ココナラでは売上手数料と購入手数料がかかる。

売上手数料は22%(電話相談であれば設定料金により異なる)購入手数料は5.5%と本当に高い。10000円の取引をした場合は、2200円売上手数料と、550円の購入手数料の計2750円がココナラに入るというわけである。

最近では吉岡里帆さんを起用しCMでも取り上げられるようになったため、運営側もより多くの収入が必要なのであろう。

販売者は購入者も5.5%の手数料を払うことを理解して価格設定をしていく必要がある。

ちなみに競合であるクワウドワークスは「システム利用料」と称して報酬額に応じて5〜20%の手数料がかかっている。これは販売者(受注側)のみである。

クラウドワークスとの違い

競合でもあるクラウドワークスとの大きな違いと言えば「売り手がメイン」なのか「買い手がメイン」なのかである。

ココナラでは自分の商品を売って依頼者に納品するのに対して、クラウドワークスでは依頼者が受注側を探す流れである。

ココナラでは自分の商品ページ作るので依頼者が人を選ぶことができる。クラウドワークスでも人を選ぶことはできるが、ココナラのように分かりやすくページが用意されているわけではない。

仕事を引き受けるならココナラ、仕事を依頼するならクラウドワークス、というように用途で使い分けるのが得策である。

月収10万円を得るためのロードマップをざっくりと紹介する

初月から10万円の収入を得るのも可能である。ただ、いきなり一般的なサービスでは難しい。

私がやった10万円までの道のりを紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

  1. 出品するサービスを決めたら、そのカテゴリーの相場を確認する。
  2. 同様のサービスを他出品者よりも安く出品する。
  3. 高評価が得られるように完璧な納品を目指す。
  4. 他出品者の評価数を参考にし、高評価数が平均以上になったタイミングでサービス料金を上げていく。
  5. 評価数が増えてきたら、これを繰り返す。

評価数と出品価格が重要なコンテンツのため、まずは低価格で評価数を獲得することを目標にしよう。

出品サービスによってロードマップは変わってくる

私自身の10万円/月までのロードマップを紹介したが、当然出品サービスによっては変わってくる。

1人で悩むのであれば「今稼げている人に相談する」ことがベストである。

当サイトのお問い合わせTwitterのDMから相談を承ります。カテゴリー違いでも絶対力になれるので、ご相談お待ちしおております。

ココナラ副業をおすすめする意味

私もアパレル転売やせどり、パチスロ期待値稼働、ポイントサイト乞食など様々な副業をやってきた。これらはマイナスになることもあれば、報酬が少ない、知識が収益につながるまでに膨大な労力を費やす、といったデメリットがあった。

その点ココナラは、ココナラにさえ登録してしまえばデータ入力や文字起こし、イラスト作成、動画編集など自分の体験や経験・スキルを活かすことのできるカテゴリーを見つけることができる。

無料で会員登録ができるためマイナスになることはなく、報酬も自分で設定でき、自分の体験や経験・スキルを活かすのだから簡単に収益化を目指せる。

国が副業を勧めてくる時代である。安定した本業収入に加え、副業でアクティブな収入を得るためにココナラを登録してみてはいかがだろうか。

広告

  • この記事を書いた人

もんが

看護師×看護学生×副業×ガジェット×生活に関する情報を発信|看護学生の実習を助ける「公式LINE」と「公式ココナラ」あります|全くバズらないツイートも面白いので是非確認してください

-副業